コピー機のリースサービスの導入手順と契約について

最近はオフィスの生産性の向上に欠かせないものとして、コピー機が注目されているのはご存知でしょうか。オフィスには様々なOA機器が必要となりますが、そうしたものを一つに集約する存在としてコピー機が大変今注目されるようになっています。FAXとして使えるコピー機であれば、ご存知かもしれませんが、今はパソコンやスマートフォンと連携して、プリンターやスキャナーとして使えるものを非常に多くなってきているのです。しかも大画面のタッチパネル式の操作盤で、すべてをコントロールするため直感的に様々な操作をできるようになるのも嬉しい点と言えるでしょう。

機械が少々苦手な人であっても、わざわざ教育する必要だともありません。問題となるのがその導入コストですが、コピーはリースサービスやレンタルサービスがかなり充実していますので、どうしたものを活用するようにしていくと良いでしょう。どちらも貸し出しサービスであるのですが、契約期間の長さによって、呼び分けるようにされていますので、一年未満の短い貸し出しはレンタル3年以上など長い貸し出しはリースと呼ぶのです。リースのようにできるだけ長い契約にすればするほどに、月々の支払いなどが安くなる傾向があります。

オフィスで日常的に使うコピー機をお求めならば、リースにした方がお得であることは間違いありません。ぜひともまずはコピー機の使用目的を明確にして、最適な方を選べるようになっておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *