コピー機のリース会社を選ぶときに注意したいこと

コピー機をリースする場合に依頼する会社は、導入時だけでなく、使用を続ける限り長いお付き合いとなるため、会社選びは慎重に行うことが大切です。長期的に信頼感を持ってお付き合いができる会社を選ぶポイントの一つは、月々かかる料金です。コピー機のリースは保守料金が上乗せされて請求されることが多いため、月々の機器の使用料金は安くても保守料金が高く設定されて、結果としてランニングコストが高くなってしまうケースがあります。ただし、保守料金が高くてもトラブル対応が迅速に行われる、ネットワークの構築にも協力いただける、セキュリティ面で有用な指摘をしてもらえるなどメリットを感じられる場合もあるに違いありません。

それで、いずれにしても、費用対効果が高い会社を選ぶことが大切です。コピー機をリースする場合の費用だけでなく、カウンター料金やスポット料などの発生の有無も確かめる必要があります。月々定額の料金は安いものの、何か依頼する場合は有料になるのであれば、年数がたった機器ほど費用計上が必要となってしまいます。それで、使用に応じた料金や特別対応の際に発生する費用がどれほどになるかも考えて会社選びをすることが大切になります。

さらには、メンテナンスがどれほどの頻度で行われるか、加えて持ち合わせている技術力も、抑えておきたいポイントです。ビジネスの現場では機器の使用頻度が高いので、定期的なメンテナンスが長期で使用するうえでのポイントとなり、トラブルに即座に対応できる技術力は、ビジネスを止めないという意味でも大切な要素です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *