コピー機リースは、レンタルとどうちがうのか

最近のコピー機は大変機能などが充実してきているということは、ご存知でしょうか。何よりも注目なのは操作性の高さです。大画面のタッチパネル式操作ができるため機会があまり得意でない従業員の人なのでも、紙詰まりといったコピーによくあるトラブルなどが生じたときでも、どのように対処すれば良いのかということがわかりやすく表示されるため、そのせいで仕事が止まってしまうというようなこともまず起こらないということが確実に言えます。問題となるのは1台あたりの導入費用です。

それだけ高機能であるぶん、1台あたり20万円から30万円程度の投資を行わなければいけないという問題に直面してしまうものですが、それに関してはリースやレンタルサービスなどを適宜活用することによって、手軽に導入できるサービスが大変充実しています。どちらも貸出という意味では同じではあるものの、リースサービスというほうが長期的な貸し出しサービスを指します。イベント事や研修会など一時的に印刷物が必要なケースではメンタルでも十分と言えるでしょう。日常的に使用するのであれば、ランニングコストが安く済ませることはできる長期契約の方がお勧めです。

大体3年程度を基準としてそれよりも長いコピー機貸し出しのことをリース、それよりも短い貸し出しのことをレンタルと呼ぶ傾向があることに注意しておきましょう。そのようにして常にオフィスのコピー機を最新式の状態にしておくことなどが簡単にできるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *