月間印刷枚数をコピー機リース料金見積もり前に想定

エコという社会への貢献として、ペーパーレス化を進める企業は近年増加の一途を辿っています。ひとつにエコや省エネにもなりますが、同時にペーパーレス化にすることで、コストまで削減できる効果です。とはいえ完全にビジネスシーンから、用紙でのやり取りが消えるわけではありません。各企業のオフィスにはリース契約で導入をした、コピー機がほぼありますし、利用頻度も少なくはないです。

そんなリースで導入したコピー機は、日々業務には役立つものの、頻度が多いほどコピー用紙も必要になります。企業の努力としてペーパーレス化は意識をしながら、必要なところでは紙を使うことは必要です。気になってくるのがコピー用紙のことですが、基本的にはカウンター料金に上乗せされます。使った分だけ払う印刷枚数がカウンター料金であり、コピー機のリースを検討するなら、月間印刷枚数をあらかじめイメージしていることです。

具体的な印刷量は不明というのであれば、ここは用紙の束をどれだけ消費するのか、消費量を頭に思い浮かべても構いません。例えば月間で500枚から3000枚くらいなら、推奨をされる印刷速度は1分で20枚くらいなので、20枚機がおすすめになります。日々ものすごい量を印刷する1、000枚以上なら、推奨印刷速度は1分で50枚ほど、だからおすすめは50枚機です。漠然と適当に選ぶわけではなく、コピー機のリース料金見積もり前には、こうした月間印刷枚数を大体考えてみる工程も必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *