業務用コピー機リースが主流

オフィス内である程度のスペックと機能で、コピー機導入を考えて見ると業務用コピー機とデスク周辺のプリンターに分かれます。それらにおいて業務用コピー機で占めるオフィスが多いと言いえます。業務用コピー機をオフィスに導入する際は購入の他にリースとレンタルがありますが、契約期間が業務用コピー機は長いのでこの契約方式が主流といえます。特長はオフィスユースとして万能に使える機能の4段給紙と自動原稿送り装置、FAXなどを備えています。

このタイプは複合機と呼ばれていてさらに価格帯が上がると、ハイスペックな高画質で高速印刷機能などが搭載されたものもあります。リース契約のメリットは初期費用がかからないことです、そのため導入しやすく多くの印刷を必要とするオフィスや、印刷そのものが業務のオフィスなどに適応します。リース料金に関しては一般的に初期費用がかからない月々12、000円から15、000円程度で提供されています。なおこのリース料金はより良いオプション機能を追加することで高くなります。

またこの契約は毎月の料金が固定で本体料金のリース料金と、使用した分だけ支払う印刷枚数ごとのカウンター料金があります。どちらの料金コースを選んだ場合でも紙詰まりなどのトラブルが、発生することがあるためカウンター保守契約の提案を行っています。そして毎月支払う利用料金は月間印刷枚数とカラー印刷とモノクロ印刷、契約年数の期間で変動します。月間印刷枚数により適切な印刷速度も変わります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *