カレンダー印刷の種類とは

カレンダー印刷には様々な種類があります。用途に合わせて最適なものを選ぶことが大切です。小型のものでは卓上型のものが人気です。単価が安いことに加えて、書き込みができるなどの実用性の高さが喜ばれるからです。

販促ツールとして配布すれば、デスクの上に一年を通しておいてもらえるので宣伝効果も期待できます。また卓上型のカレンダー印刷であれば、手間をかけずに制作できることからオンデマンド印刷のようなコストの安いサービスを利用できます。また色調にもそれほどこだわる必要がないので、簡単に注文することができます。一方で壁掛け式の大きなサイズのカレンダー印刷となれば、写真の品質が気になるようになります。

より美しい仕上がりを求めるようになれば、ネット通販ではなく従来の製版会社に頼むことになります。ネット通販とは異なり、何度か試し刷りを行うことで色調をイメージに近づけることができます。コストを抑えたネット通販サービスの場合には、試し刷りを行うたびにオプション料金が必要になり不経済です。また、細かな色調調整にはオペレーターの技術も必要になります。

そのために、壁掛け式のカレンダー印刷は従来の印刷会社に頼む方が、希望する色調で仕上げてくれることになります。このようにカレンダー印刷は種類によって選ぶべき業者も異なることがわかります。求める用途に応じて、予算も考慮しながら適切な業者を選ぶことが必要ということになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *