短期利用のコピー機レンタル

いまでは家庭レベルにまで普及したオフィス機器といえば、その代表例にコピー機が挙げられます。家庭用のコピー機であれば10万円を切る価格で家電量販店などで販売されており、この程度であれば誰でも手が届く価格といえます。しかしオフィスで実際に使用するのであれば、ある程度の性能がなければならず、このような低価格の製品ではとても太刀打ちができません。その場合にできるだけ費用をきりつめる方法として、コピー機をレンタルする方法が挙げられます。

レンタルであれば使った日数分だけの基本料金を支払えばよく、購入とは違ってそれほど金銭的な負担にはならないはずです。しかもリースなどと違って契約の際に事前審査が不要なほか、契約したい日数も自由に決められるのがメリットとなっています。リースはコピー機の減価償却の期間なども踏まえて数年単位の契約となっており、契約期間中の解約が認められていませんが、レンタルコピー機はかなりの短期間であっても対応することができます。たとえばイベントの際に数日間だけ契約をしたい場合であったり、施工期間が限定されている工事の現場事務所で使用する場合、メインの店舗を建て替えるための仮設店舗で使用する場合などに最適です。

いずれのケースでもリース契約にしてしまうと途中解約をせざるを得ないため、膨大な違約金がかかってしまうところ、レンタルであればそのようなおそれがないため、安心して使用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *