コピー機レンタルの料金体系

コピー機はメーカーから購入するのがいちばんですが、それ以外にも自己所有と同じように使用できる方法があります。たとえばコピー機をリースやレンタルで導入する方法がそれであり、一度に多額の支払いを求められてしまう購入と違って、毎月の料金にこまかく分けて支払うことになりますので、経済的にはかなり楽になるはずです。リースは契約期間が何年にもわたってしまうため、長期的に使用する可能性が明白な場合に選択する必要がありますが、そのかわりにレンタルよりもトータルでの支払い金額は安くなるのが通例となっています。レンタルは長期間使用する場合、リースにくらべると割高になってしまうことがありますが、リースと違って事前審査がなく、逆に短期間での契約も認められるといった違いがあります。

コピー機レンタルの料金体系は、ショップによっても違いがあるものの、おおむね日割りまたは月割りでの使用実績に応じた基本料金となるのがふつうです。これに加えて導入時や契約終了時に限って、コピー機の運送料や設置費用などがプラスされることがあります。またメンテナンスをそのつど行うのではなく、コピーした枚数に単価を掛けた金額を支払うことにより、何度でもサービスが受けられるような料金体系を設定しているところもあり、これに申し込んでおけば結果的にメンテナンス費用を割安にすることができます。ほかにもオプションの有無によって、いくらか金額が上下することがあります。

コピー機のレンタルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *