コピー機を長期レンタルするなら、経営状況も要確認

コピー機のレンタルサービスを1週間程度の短期間利用する場合、サービスを提供する会社について深く調べる必要性は少ないと言えます。なぜなら、サービス会社がその程度の期間で突如倒産するというリスクは、通常考えにくいからです。しかし、長期間利用するとなれば話は別です。日本は長らく続くデフレの影響で経済は停滞しており、消費増税の反動として消費マインドが低迷しています。

そのため、法人も個人も節約マインドが続いています。さらに新型コロナウイルスのしわ寄せもあって、レンタルサービス会社が経営危機に陥るケースが増えることも予想されます。特に零細企業についてはその傾向が強くなることが懸念されます。そのため、これからコピー機をレンタルで数ヶ月程度の長期間導入するならば、パートナーとなる会社を慎重に選ぶべきです。

万一その会社が倒産してしまえば、借りているコピー機にも影響が生じかねないからです。こうした事情から、コピー機を借りる場合、レンタル会社は財務状況を定期的に公表している上場企業、あるいはその関連会社をベースにすると良いでしょう。あるいは、地域でたいへん評判が良く、取引先が多い会社を選ぶことなどが求められます。このような調査が難しいということであれば、契約を検討している会社に直接相談してみてください。

それでも情報を引き出すことができない場合には、あまり長期の契約を締結しない方法もあります。もしもの時に備え、別のレンタル会社もチェックしておくと有意義です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *